HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト音楽(いろいろ)  >>  RAF ~Passeggeri Distratti
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09 10
2006

音楽(いろいろ)

RAF ~Passeggeri Distratti

passeggeriイタリアからはるばるお越しいただきました。
イタリアのCDは高い。RAFはイタリアではそれなりに大物らしいので、日本のネットショップでもリリースからさほど間をおかずにお取り扱いがあるのだけど、なんせモトが高いから当然高い。
アメリカ盤が出ると安いんだけど、それを待つか…と思っていたら、amazonのマーケットプレイスでアメリカの業者が安く出しているのを発見!さっそくお取り寄せしてみたら、なんとMade in Germanyと書いてあった。長旅したんだねえ。

ヒップホップ調あり、R&B調ありと、多少新しい試みははあっても、基本的にはいつものRAF節。地味だけどじわじわと沁みてくるきれいなメロディーと魅惑のひび割れ声。ただ、いぶし銀だった前2作に比べ、ちょっと若返りして華やかさが戻った感じ?

RAFとの出会いは6年前。イタリアに旅行したときに、CDショップに飛び込み、「コイツなら趣味が合う」と直感で思った店員つかまえて「イタリアのロックでアンタのお薦め何でもいいから出せ」と言ったら、出てきたのがこの人の「La Prova」というアルバム。以来気に入って、その後アルバム出るたびに買っている。
ただ、RAFはその「La Prova」だけがたまたまバリバリのロックだったようで、今あらためて「La Prova」を聴くとあまりのギャップに笑えてくる。ほんとうはそのままロック路線でいってくれたほうが私としては嬉しかったのだけど、まあいいさ。どちらかというと曲ではなくて声にホレているのだから。

ところでこのおかた、大半の人には「ふーん誰それ。知らない」て感じだろうけど、実はこの人の曲、80年代にディスコでフィーバーしてた人なら聴いたことある人も多いはず。

 *むかしniftyのフォーラムでRAFの声を「ひび割れ系」と形容した人がいて、
  なんてぴったりな表現、と思ったので以来ワタシもそう呼ぶことにしている。



今は亡きローラ・ブラニガンが歌っていた「Self Control」という曲。タイトルではわからなくても聴けば「ああ、アレか」と思う人も多いかと。そのオリジナルがこの人だったのですね。

もちろん私もそんなこととはつゆ知らず、ホレてから「昔、Self Controlという英語のアルバムを出していた」というのを聞き、手に入れてみて「コレかーーー!」と驚いたわけですが。
ただその時驚いたのにはもうひとつ理由があって、それは、一瞬、同名の別人かと思うほど声が違っていたこと。昔は高くてわりと澄んだ感じの声だったのだな。歳をとればだいたい声が低くなっていくものだけど、この人の場合は「第二次声変わり」と言ってもよさそうなくらい変わっていて、年を経るごとにひび割れて低くなってきて、今に至っているらしい。

youtubeでこの「Self Control」クリップ発見。
http://www.youtube.com/watch?v=Dxtr7AuMwH8
う~む。これは恥ずかしい。嗚呼、80年代。本人、今見たら悶えるんじゃなかろうか。

ちなみに最近はこうです。
アルバム「iperbole」(2001)より「infinito」。わたしのお目覚めミュージックのひとつ。
http://www.youtube.com/watch?v=lpRN3GQtw_U
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。