HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト音楽(トルコ)  >>  Ko'r'ay Türkçe (3)
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09 01
2006

音楽(トルコ)

Ko'r'ay Türkçe (3)

ハイ。では次の先生ご登場です。
…タイトルは考えるのめんどくさいのでこのまんま行きます(笑)

teomanoTeoman「O」。
なにせこれ、トル検3級レベル文型てんこ盛りなのだ。
ここまでいろいろ出てくるのって、意外とないもんです。
さすがTeo様、高学歴なだけのことはある(←違)
ただしこの曲、Teo様の作品ではなく、このアルバムのプロデューサーであるRıza Erekliの作。




O herşeyi kendi yanından görüp
almak istediğini alır
Başka şey düşünmez
Beni unuturdu


(1)O herşey-i kendi yan-ı-n-dan gör-üp
  0「彼/彼女」
  herşey-i
   herşey「すべて」 -i「~を」
  kendi「自分」
  yan-ı-n-dan
   yan「側」 -ı(限定語尾) -n(介入子音) -dan「~から」
  gör-üp
   görmek「見る」の語幹 -üp「~て」
   →「見て」

  →直訳「彼女はすべてを自分の側から見て」
   意訳「彼女は何もかも自分のためだけ考えて」みたいな?

--------------
動詞語幹+ip(ıp/up/üp) :「~して」

 タルカンの「ちゅっちゅっ」にも
  ağzında sakızı şişirip şişirip
  (「(彼女の)口-で ガム-を ふくらませ-て ふくらませ-て」)
 というのがありますな。
--------------

(2)almak iste-diği-n-i al-ır
  almak「得ること」
  iste-diği-n-i
   istemek「欲する」の語幹
   -diği
    -dik(連体形語尾、後ろに名詞がなければ「~するもの・こと」)+i(限定語尾)
    -n(介入子音) -i「~を」
  al-ır
   almak「得る」の語幹 -ır(超越時制を表す語尾)

 →「手に入れたいものを手に入れる」

(3)Başka şey düşün-mez
  Başka「ほかの」
  şey「もの・こと」
  düşün-mez
   düşünmek「考える」の語幹 -mez(超越時制の否定形の語尾)

 →「ほかのことは考えない」

(4)Beni unut-ur-du
  beni「私を」
  unut-ur-du
   unutmak「忘れる」の語幹 -ur(超越時制を表す語尾)-du(過去を表す語尾)
 →「僕のことを忘れたものだ」

 …さて、この「unut-ur-du」。最初に見たときは「ほっほお~」と感動したものだ。
 「いつも、常に~する」という意味の超越時制-urと、
 「~した」という過去のできごとをあらわす-du。
 これら2つの意味を組み合わせると、「過去において、常に~した」
 つまり、「(いつも)~したものだ」になる。はず。
 そう。習わずとも、組み合わせでかなりわかる。それがトルコ語のありがたいとこなのだ。

 んで、ここは、(1)~(4)まであわせて、

 →「彼女は何もかも自分のためだけを考え、欲しいものだけ取ってほかは考えず、
  僕のことはいつも忘れていた」

みたいなとこでよかでしょうか。


ツッコミ歓迎。



  
スポンサーサイト
Comment

それでは

突っ込ませていただきます。
・・・というのは冗談です。

Teo先生のご登場は、私はもっとずっと先だと踏んでたんだけど、意外に早い起用でしたな。他の先生がドタキャンなさったのでしょうか。
ワタシャ、文法って考えただけで頭がストライキを起こしてくれます。やっぱり語学は向いてないみたいです。こちらで語学を習うと文法は無視して、「適当にしゃべってみましょう」みたいな感じなんだな。それも良し悪しだ。。。
意味がわからんままに、「いき~やば~んじゅぅううう」と熱唱することにいたします。

いえ、ほかの先生にお願いしてたら私のほうが先に飽きるので。
そうか、わたしは文法それじたいは好きなんですよ、ただおぼえないだけで~~(笑)
文法は無視して、とかだと逆にフラストレーションたまりそう。「ナゼそうなるのか」がわからないとおぼえられないというか。それはそれで「向いてない」のだよなあ。

「いき~やば~んじゅぅううう」はねえ…あれはあまりにベタすぎて、聴いてるとハズカシくなってくるので、とばしちゃうこともあるのです。だから、私の耳元で歌わないでねっ

「いき~やば~んじゅぅううう」

・・・のベタとは

1. Teo様(およびSebnem おねーさま)の歌唱力の問題
2. 歌の作詞作曲がハズカしい?

のどちらでせう?

もしかして、
3. 単に私に耳元で歌って欲しくない?

いやそれはもちろん、さ……
いえ。
あのメロディーがどうもねえ。
「白血病で血液型がRHマイナスで愛した人は実は生き別れの兄ガーン」みたいなドラマを見ているような気分になるのよねえ。

おぉ それは「赤い・・・」シリーズのテーマソングにぴったりです。
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。