HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトアラビア語のお勉強  >>  ムニ先生に習うアラビア語(5)
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03 16
2006

アラビア語のお勉強

ムニ先生に習うアラビア語(5)

マホメット-ムハンマド問題にふれたついでに、せっかくだからアラビア語の表記の話を。
アラビア語・アラビア文字について全然知らない人のために。

アラビア語は右から左に読みます。念のため。

ムハンマドのつづりはこう→ محمد
これは4つの文字がつながっていて、分解するとこう→ م ح م د
それぞれの文字が表す音は、アルファベットにすると→ م=M ح≒H د=D
 *حの音はHとはちと違うのだけどとりあえず細かいことは気にしない。

つまり、محمدてのはMHMDなわけです。子音しか書いてないのです。これだけだと「まほめど」だか「もはめど」だか「むはまど」だかわかりません。

これじゃあどう読むか最初から知らなきゃ読めません、てなことで、母音を表す記号が存在します。普通の文書にはついてませんが、アラビア語の教科書や子供用の本などにはついています。日本語の漢字にふりがながついてるみたいなもんですね。

で、その母音記号をつけるとこうなる→ مُحَمَّدٌ

 ُ  :母音uを表す َ  :母音aを表す ّ  :子音を2つ続ける  ٌ  :-unがさいごにつくことを表す

 よって مُ:MU حَ:HA مَّ:MMA دٌ:DUN

母音符号がついたのをまじめに読むとMUHAMMADUNとなります。
ただし、最後の-unは綴りはそうなってても実際には読まないことが多いので、結局MUHAMMADとなるわけです。

ではおぼえがきラスト。

أنشودة المسيح رسالة حرة

أنشودة ال + مسيح  (unshuudatu l-masiih)
 :unshuudatuは「聖歌」、al-masiihは「救世主、キリスト」 →「キリストの賛美歌」

رسالة حرة (risaalatun hurra)
 :risaalatunは「手紙、メッセージ」 hurra「自由な」(女性形) →「自由な(の?)メッセージ」


على الارض السلام وبالناس المسرة

ここんとこ、歌の山場です。

على ال + ارض ال + سلام
(alaa l-ardi ssalaam)

 :alaa「~の上に」 al-ardu「地球」  salaam「平和」

و ب + ال + ناس ال + مسرة (wa bi-nnaasi l-masarra)

 :wa「そして」 bi「~に」 naasu「人々」 masarra「喜び」

「地球に平和を、人々に喜びを」

…要するにこれが言いたかったんでしょうね。


残りの↓の歌詞は先生に聞いてもよくわからなかったので貼っておくだけ~

  أقسمت بال ح م وبسورة التحريم
أنى لازلت سقيم فى حب رسول الله
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。