HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトアラビア語のお勉強  >>  ムニ先生に習うアラビア語(3)
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02 03
2006

アラビア語のお勉強

ムニ先生に習うアラビア語(3)

さて、今ネタにしているAl Ard...Al Salamのビデオクリップは公式サイトでダウンロードして見ることができます。歌詞の内容はわからなくても、映像から言わんとすることはわかります。なぜなら最後のほうで次々と流れる映像の中に「Islam is peace」「No more killing」という文字がチラと出てくるから。(壁の落書き、あるいはデモ隊が掲げたプラカードのようですが、はっきりとは見えません)

しかし、↓でも引用したHubert von Goisernの公式サイトに転載されている記事によると、このクリップは放送禁止を食らったのだとか。
どこが引っかかったのかというと、サビの「神の使者よ(ya rasuul allah)、我に力を与えよ(madad)」という部分。ナニがいけないかというと、「預言者ムハンマドに神と人との間のとりなしを求めているととれる」のだそうな。ふむ。預言者は神の言葉を伝えるのみで、逆方向はないということ?

ではおぼえ書き第3弾。

أقسمت بالإسراء وبراءة العذراء

...أقسمت بで「<何か>によって誓った」のはわかるけど、あとはわからない言葉が多いのでここは略。

الدم كله سواء حرامٌ بأمر الله

ال + دم  (a-ddamu)
 :damu「血」

كل + ه  (kullu ...に聞こえる)
 :「すべての」

سواء  (sawaa)
 :「等しく」

→「すべての血は等しく」

حرامٌ  (haraamun)
 :「ハラーム、禁じられたもの」

ب + أمر الله  (bi amri-llah)
 :bi「~によって」amru「命令」allah「神」

→「神の命令によって禁じられている」


「誰の血を流すことも等しく神の命令により禁じられている」
スポンサーサイト
Comment

こんにちは~~。
コーラン日本語版、私が読んだときはまだ日本語のみでしたが、今やもうすでにアラビア語つきになっています。しかも音声付きです。
(夜の旅章は、確かに アルイスラーになってますね。

ここ
http://cgi.members.interq.or.jp/libra/nino/quran/
とここ
http://islam.web.infoseek.co.jp/audio/audiocenter.htm
下のページはまだ途中のようですが、見比べたりしてみようかしら?・・・と思ったら、上のを使ってるみたいです。
はーみーむが何気に見つかりました。
http://cgi.members.interq.or.jp/libra/nino/quran/al-quran_arabic.cgi?size=10&sura=40

おお、ありがとうございます。母音符号つき訳つきでお勉強にはたいへんよさげです。
これでアル・イスラーの正体がわかったので↑ですっとばした部分も解決します。
しかし「ハー・ミーム」はそのまんま書いてあるだけなので謎のままですね。

”章の説明”をクリックしてみましたらば、ハー・ミームの解釈はいくつかあるらしいのですが、真の意味は神のみぞ知るということのようですよ。また”本章に続く7章は、ハー・ミームの省略語で始められている”と書かれていましたのでみてみましたらば、確かにハー・ミームで始まっておりました。たまたまNo40を見つけただけなのでした、、。
それではまたの続きを楽しみにしております。
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。