HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトその他もろもろ  >>  災いを呼ぶ女?
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02 24
2011

その他もろもろ

災いを呼ぶ女?

3月に出張で行く予定だった国がただいま大混乱に陥っとります
まぁチュニジアの政変の時点でとりやめにはなってたんですけどねぇ。
ほんとにこうなっちゃうとはねぇ。
かつてはこんな威勢のいい国だったんですがねぇ。

で、ウチの親いわく、
「アンタ中国いったらとたんに天安門事件だわ、ソ連行ったら崩壊するわだし、
今回もまたやっちゃったねぇ」
ちょ、ワタシのせいですか
★★★★★

で、このごろとあるところでトルコについて講演する機会がありまして。
何も知らない人から「トルコも危ないんでないの?」とかいわれることもあったので、
トルコってのは中東のあのへんの国々とは違う種類の国ですから、
という話を少し入れようと思って、PPTを作りつつふと思ったのだけど。

トルコがあのへんの国々と同じにならなかったのは、「たまたま」ラッキーだったってだけかもね、てこと。
アタテュルクという、強烈なカリスマ性を持つ、たしかに優れたリーダーが現れ、
なのに大酒飲みで早死にして、かつ実子がいなかった。それがトルコの幸運。
どんだけ優れたリーダーでも権力を私物化する欲求から自由でいることは難しいもので。

途中いろいろ不幸な時期はあったにせよ、そしてあの国のシステム、とりわけ軍のありかたにはいろいろ問題はあるにせよ、マジで民主化すればあっという間にイスラムが台頭して結果対外的にいろいろと問題が~というのがあのへんの国々のお約束であることを考えると、「EU加盟」という鼻先にぶらがったエサという要素もからんで、トルコってミョ~な形にバランスのとれた歩み方を結果的にはしてきたのねぇ、とか思ったのであった。

スポンサーサイト
Comment

わぁ~

E子さんったら、↓雪女だなんておっしゃってたけど、これ、謙遜だったのね。実際は、雪女どころじゃない偉大なお方。歴史を背負って立つ女ではありませんか。
今日、トルコの首相がわが町に来て演説をされたみたいで、町中、デモとか交通規制で大騒ぎであったらしい。2年前にもいらして、アホな発言したからねぇ。

No title

ええそうなの。災女と呼んでねヨロシク。「じゃあそろそろ北朝鮮行って来い」とか言われるんだけど、あそこは崩壊するにあたっていろいろヤバイものを外に飛ばしまくりかねないのでうっかり手が出せませんの。

まあしかし、笑い事ではありませぬな。在日リビア人は連絡のつかない国の家族を思い日々泣きぬれております。

アホな発言とは、、、トルコ人学校がどうとかこうとかいうやつ?エルドーアン君はそういう大騒ぎになると、いっそう舞い上がっちゃいそうなキャラだよねぇ。
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。