HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト音楽(トルコ)  >>  「移民の子」でなんか問題でもあるんすか?
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10 29
2009

音楽(トルコ)

「移民の子」でなんか問題でもあるんすか?

ヒトのブログに長々とコメ入れるのもなんなので、自分とこに書くことにします。

ずいぶんと前から話題になってたHadise(ハディセ)。
ワタシ自身は来日する前後あたりにようやく(遅)クリップなどをチェックして、
「ふーん、いいじゃん?インパクトある曲だし~、パンチのきいた歌い方だし~、
 まあルックスは特にどうどいうこともないと思うけど~」程度の感想で、
とくに好きとも嫌いとも思ってなかったんだけど。

 #ただし、ライブパフォーマンス見ると、歌唱力もダンスもいまいち中途半端?
  とか思っちゃったけどね

ただsamyちゃんとこ他で話題になってた、「両親ともにトルコ人なのにあちこちで
『ベルギーとトルコのハーフ』と書かれている件」は、ちょいとこさ気になってた。
気になってたというか、なんとなくキモチ悪いなその間違い、と思ってた。

で。samyちゃんのいう
 >日本人、「ハーフ」好きだから
に、ああなるほど、それでキモチ悪かったんだ私、と思った次第。

現在、オフィシャルサイトには、
 トルコ人の両親を持つベルギー生まれの23歳。
とある。しかし、8月に出された初来日のプレスリリースには、
 ■ハディセ(Hadise)について
 1985年10月22日生まれ、ベルギー出身(父がトルコ人、母がベルギー人のハーフ)。

と、どういうわけか、とっても具体的に書かれている。
EMIじたいが「ハーフ」として売り出そうとしていた、ということらしい。
(てことは、公式のほうはあとで訂正されたものなのかも?)

どういう経緯で「ハーフ」ということになったのかはわからない。
意図的に情報がゆがめられたのか、単なる勘違いなのか。

ヨーロッパの現代事情を知っている人ならば、ベルギー生まれのトルコ人ときけば、
「ああ移民の子ね」と0.1秒で納得すると思うけど、
さして海外に興味がなく、昔ながらのヨーロッパのイメージしか持たないヒトビトなら、
「ハーフである」というほうがよほど納得しやすく、かつ受け入れやすいのだろう。

それを意図して、故意に情報をゆがめた、とはあんまり思いたくないけれども。
ただの勘違いと確認不足、だったとしても、そういう勘違いが起こり、それがなかなか
訂正されない背景として、なんとなく、ハーフ>移民の子、みたいな価値観が透けて
見えるような気がする。
だから気持ち悪いんですよ。考えすぎかもしれんけど。

★★★★★

ちなみに、某ライターさん。
09年3月には

 両親は少数民族チェルケズ人の血を引き、トルコ東部の町シヴァスからベルギーの
 フランドル地方の町モルに移住した。


と書いてたのに、09年7月には

 ハディセちゃんという、凄くキレイでスタイルも良くて容姿端麗な、ベルギーとトルコの
 ハーフの女性アーティスト。


と書いている。まーこの人の場合、自分が何書いてるかきちんと把握してモノ書いてるとは
到底思えないので、この矛盾に何か意味があるわけでもないかもしれんけどねー



それから。ちょっと話がそれるけれども。
国際結婚のカップルが身近にいっぱいいて、だからいわゆる「ハーフ」の子も
いっぱい知ってるんですけど。
そういう子を目の前にして「やっぱハーフの子ってかわいいよねえ」などと発言するの、
なーんか気持ち悪いなあ、とか思っちゃうんですよね。
まあ、私も以前はそういうことを言ってたと思うけど、実際に親に近い立場になってみると、
そういうの、ちと無神経な発言に思えてきたのだ。
ほめてはいるけど、結局のところ、人種によって「かわいい子」とか「かわいくない子」
とかがある、って認める発言なわけだしね。

実際、そう言われて傷ついてる親や本人もいる。
わが子を「ハーフだからかわいい」などと言われると、
「父親が白人じゃなきゃ、アンタみたいな女からかわいい子は生まれない」
とか言われてるよーな気がする、と言っていた人を、私は知っている。

まあ親自ら「ウチの子はハーフだからかわいい♪」と思ってる人も多いだろうし、
中には「ハーフのかわいい子がほしいから」と人種のちがう人と結婚する、なんて人も、
いるかもしれないけど、みんながみんなそうじゃないのだ。


や~、子どもなんてさ。わたしから見りゃ、誰が親であろうと、子どもであるってだけで、
もう問答無用にかわいいのに、ねえ。。。


★★★★★

追記(10月30日)
某ライターさん、さらに09年9月には
 今年のユーロビジョンコンテストにトルコ代表として出場した、生まれも育ちもベルギーの
 チュルケズ系トルコ人移民セクシーアイドル、ハディセ。

って書いてらっしゃいます。
#「チルケズ」にはもう突っ込むまい

ちなみにガセの出所はコヤツか?と一時期疑ってましたが、ちがうっぽいっすね。疑ってごめんなさーい
スポンサーサイト
Comment

ハディセ・・・以前に、彼女のアルバム「Sweat」を聴いたことがあるのですが、(全体的には)アメリカの黒人R&B歌手を真似ただけの路線で、個人的にはつまらなくてガッカリでした・・・一部の曲にはトルコらしい音が入ってましたし、洋楽アイドルファンの人にはアレで良いんだろうけれども。
彼女が「ユーロヴィジョン」で歌った曲の方がよっぽどマシだと思ったのと、仰る通り、歌唱力は微妙だなーと思いました。

上のリンク先には、「セクシー過ぎて放映禁止!」などと紹介されていて、まるでタルカンの英語カバー曲を歌っていたホリー・ヴァランスの二番煎じみたいな売り方ですよね。
「マイアヒー」みたいに、オタク層から支持されないと、今の日本で売れるのは難しそうです。

「(白人の)ハーフだからかわいい」って言う日本人は、西洋コンプレックスの塊だと思います。長年、日本のマスコミやファッション業界が人々に”洗脳”してきたわけだし。
茶髪・金髪にする日本人は、西洋人から見ると滑稽な姿に見えるそうですよ。日本の化粧品CMで連呼してる「美白」は、マレーシアでは人種差別だと聞いたことがあります。

あ、おひさです、キサラさん。
ちょうどきのうの話ですが、キサラさんとこのブログ見失っちゃったや、なんか検索で見つけられるキーワードないかなぁ?と考えて思い浮かんだのが「グーグーシュ」。なんでグーグーシュなのか自分でも謎。で、ばっちり辿りつけましたけどね。

「セクシー過ぎて放映禁止!」は、これまたガセの臭いがするんですよね。実際のトルコを知ってる人なら、「……えと、どのへんが???」と思うであろう程度のクリップなんですけど。
しかし、これは一体、どういう人たちに売ろうと思っての宣伝文句なのか知らんけど、いずれにせよ、やりすぎてアイタタなことになってませんか?と思うんですけどねえ。

ハーフ=カワイイ
の何がキモチワルイって、そういう場合に言うハーフってほぼ100%、「金髪碧眼系な人との」っていう前提なんだよね。
国際結婚で産まれる子供をハーフって言うんなら、相手が韓国人だろうが中国人だろうがハーフなはずだけど。
そういうのは、ハーフとは誰も言ってくれない気がするし、絶対カワイイとは言わないからね。

某ライター、私も「絶対、コイツが出どころ」と思ってたけど。
違ったのね~
日ごろの行いって、大事ね( ̄▽ ̄)
そして、今年9月の記事、ツッコミどころは、そこでわなく。
「曲名を勝手に省略するなよ」だったりします。
上にちゃんと「hadi deli oğlan」て書いてあるんですけどぉ(-。-)y-゜゜゜

ガセじゃないかもしんない。
ただいま、調査中。

うむ。たしかに、冷静に考えれば、「国営放送で」となっているし、
個々のテレビ局がどのくらい許容度があるかまでは、
私にはわかんないことなので、ありえないことではないかもね。
単なる想像だけど、ユーロビジョンに出すならウチでも放送せにゃならんが、こーゆーエロいのはウチじゃ放送いたしかねますよコラ、とかいわれて作り直しました、みたいなことかもね。

そういえば某氏、某映画のパンフでも、キャーズムくんのBen Seni Sevduğumiを「Ben Seni」って書いたたなあ。…もしかしてユムシャク・ゲーが嫌いなのか?

No title

こないだ某所でハディセ話をたまたま蒸し返す展開となったところだったのでいまごろコメント入れますw

ウィキペ英語版見ると、彼女トルコからのベルギーへの移民ですけど、さらにさかのぼるとやはりコーカサス(狭義にはチェルケスぢゃなくてダゲスタン方面)からの移民家族だったよーですね。
なので厳密には民族的トルコ人ではないし(ただし母方はトルコ系民族のひとつ)、彼女自身もそのへんの民族意識は持ってるみたいです。
トルコ版ウィキペにはそんな記述なかったですが、そのへんについて話してるトルコ語記事がちゃんとありました。http://bit.ly/9HWBC0

というわけで、ハーフっちゃハーフだし、コーカソイド(白人種)っちゃコーカソイド入ってんですねw

No title

ぐぉ、テンプレ変えたら過去の記事が一行の文字数の違いでぐちゃぐちゃになっちゃってんのを放置してるのがバレるやないですかv-12

そもそもハーフという概念自体が、とくにあそこいらへんの地域ではナンセンスだっちゅうことですよね。で、トルコ共和国の住民はほぼコーカソイド入ってるんではなく?

No title

コーカソイドの定義がいまいちよくわからんのでアレですが、トルコ人には蒙古斑もって生まれてくるひともいるそうだし、ユーゴスラヴィアからの移民とかまんま欧州系もいればコーカサス方面からも少なくないし、もちろんアラブ系とかクルド系もいるわけだし、むずかしいですわね。
なんかたまに見ると、日本はやたら「ハーフ」な芸能人とか増えてる気がしますよ。。

No title

たまにじゃなくていつも見てても増えてる気がしますよ。なんか、ハーフに限らず、このごろはいわゆる「バタくさい顔」ってのが復権している気がします。
コーカソイドという分類は学問的にはたぶんもうあんまり有効じゃなくて、きちんとした定義ってのはないと思うけど、おそらく遺伝的にどうこうではなく今現在全体的にどういうカタチをしているかが問題だと思うので、たぶんトルコ共和国トルコ人は基本コーカソイド分類ということになってたんじゃないかと思いますよ。
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。