HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト音楽(トルコ)  >>  Ezmoce ~Birol Topaloğlu
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08 30
2009

音楽(トルコ)

Ezmoce ~Birol Topaloğlu

2つ前のエントリーで紹介したBirol Topaloğluのアルバム、もひとついっときましょう。

aravani2007年のアルバム。タイトルEzmoceとは「夢」の意。
Aravaniと比べるとずいぶんと洗練された印象。ジャケからしてすっきりしてますし。ただ意地の悪い言い方をすれば、国外でのウケを意識したようなにほひが若干気になりまして…勢い余ってイカニモなリフとかイカニモな波の音ザザ~とか、やめましょうよダサイから


しかし、全体的にはすごーく中身の濃い、完成度の高いアルバムだと思います。おススメ。

全16曲中8曲がラズ語、6曲がなまったトルコ語(一部ラズ語)、2曲がメグレル語。
めずらしくクリップもあるので貼っておきます。→Tara Saçını Tara
最初に出てくる楽器はチョングリçonguri、グルジアでよく使われる楽器だそうです。
サズではありませんよ念のため(サズの音も入ってますけどね)

さて、そもそも何故ワタクシがこのアルバムを手に入れたかというと、
もちろんキャーズム・コユンジュつながりです。
キャーズム・コユンジュが歌って持ち歌のようになったDidou Nana、
実はトルコで最初に歌ったのは、このビロルさんだったんですね。
で、最初に歌った時は「メグレル民謡」として紹介したんだけど、
実はちゃんと作者がいる曲だった。
で、あらためてこのアルバムで作者のメグレル人歌手Nana Belkaniaとデュエットしてます。
キャーズムくんのとはまったく違った雰囲気ですが、これはこれで好きです。
ただ、歌詞が両者でかなり違ってるのが気になります。
たぶんキャーズムくんはビロルさんが歌った通りの歌詞で歌っただけで、
きっとビロルさんがまちがった歌詞を紹介しちゃったんでしょう。
…しっかし、正しい歌詞のほうは、すっごい発音しにくい音のオンパレード。
ラズ語よりメグレル語のほうが発音難しいってことでしょうかねぇ。

 キャーズムくんがテレビで熱唱するDidou Nana。…ちょっとヒュリヤさん、じゃまですよ

 ビロルさんとNana Belkaniaによる正しいDidou Nana
 
 ビロルさんが棺の中のキャーズムくんにささげるDidou Nana

★★★★★

もひとつ。
アルバム中9曲目Kapçaşi Meseliというラズ語の曲。
「イワシの物語」なるこの歌、子イワシくんと母イワシの対話になっている。
子イワシ・パートはビロルさんが、母イワシ・パートは女性ヴォーカルが歌う。
以下トルコ語訳からのテキトーな訳。

  子イワシ:母ちゃん母ちゃん
  母イワシ:坊や、どうかしたの?
  子イワシ: 漁師さんたちが来たよ!
  母イワシ:いいえ坊や、何にも怖がることないのよ♪

  子イワシ:漁師さんが網を投げたよ!
  母イワシ:いいえ坊や、何にも怖がることないのよ♪
  子イワシ:ちょ、母ちゃん、僕捕まっちゃったよ!
  母イワシ:いいえ坊や、何にも怖がることないのよ♪

以下イワシくんの訴えは

 「僕、持ってかれちゃうよ!」→「僕、さばかれちゃったよ!」
   →「僕、火にかけられちゃったよ!」→「ちょ、ジュージューいってるの何?!」
      →「僕、食べられちゃってるんだけど!」

と移っていくんだけど、母の答えはぜんぶ

 「いいえ坊や、何にも怖がることないのよ♪」

で、しまいには、

 「僕、飲み込まれちゃったんだけど!」

それに対して母、

 「いいえ、あなたはそこを出てまた戻ってくるの、
  またここへ戻ってくるのよ♪」


…栄養循環の歌でした
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。