HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト音楽(トルコ)  >>  あれから10年。
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08 17
2009

音楽(トルコ)

あれから10年。

トルコの大地震はちょうど10年前、1999年8月17日午前3時、
あのときは揺れで目を覚まして、とりあえず机の下にもぐったっけなぁ、
そういえば地震でほんとうに机の下にもぐったのって、あのときだけだったなぁ、
などと思いながらフトンに入ったら、

今日も揺れで目を覚ました。午前2時半、震度3。
めったに地震なんかないのに、ちょうどこの日この時間とは。

ちなみに10年前に経験した揺れも、たぶんこんなもん(震源からは遠いところだったので)。
ただし揺れた時間はすんごく長かった。(今回はほんの一瞬)

あれから10年、あれ以降も、地球のあちこちで、地震でおおぜいの人が命を落とした。
地震は止められないけれども、地震が来たら壊れるとわかっているような家に住まざるを
得ない人々をどうにかできんものかと、大地震の報道のたびに思う。
(思うだけ、だけど…)


しかし、このごろやたら日本のあちこちでグラグラ揺れてるように思えるのは気のせい?
いつもこんなもんかいな…

★★★★★

で。おおぜい亡くなった災害なのにちと不謹慎かも、と思うので「追記」として。

あのときワタクシ、一枚のコンサートチケットを引き出しの中にだいじにしまっておりました。
8月20日、ルメリヒサール・コンサート。アーティストは「ムスタファ・サンダル」。
出張のため、21日早朝の便で日本に出発することになっていて、
アタテュルク空港4:00am集合だったんだけど。
前夜にムスティみて、そのまま空港に直行して、
そこで夜明かししようという計画だったんですね。体力あったんだなぁ。
(まあ、「テオマンを見るため0泊2日」とか「アテナを見るため0泊2日」とかやったことも
あるし、それに比べれば大したことないかも)

で、もちろんコンサートは中止になり、むすてぃコンサートは幻となりました。
けっこうなお値段したんだけどねぇ。払い戻しに行く余裕もなく。ああもったいない。
以後、なんとなく機会がなくて、なまムスティを拝むことなく、1年後に帰国しましたとさ。
それが心残り、の、ひとつ。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。