HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト映画  >>  そして、私たちは愛に帰る(4)
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03 16
2009

映画

そして、私たちは愛に帰る(4)

見てからもう1か月半もたってしまったけど、、、
Ben Seni Sevduğumiをはなれて、今回は映画のタイトルについて。

この映画、評価が高いわりに(こちらでは)あっという間に終わってしまった。
敗因はこの日本語タイトルにあるように思う。キモチはわかるがベタすぎである。

それにこのタイトルはちとピントがずれていると思うのだ。
ドイツ語タイトルAuf Der Anderen Seiteは、英語に直すとOn The Other Side、これでは抽象的すぎるが、3部構成のそれぞれのタイトル-<イェテルの死><ロッテの死>そして<Auf Der Anderen Seite>-をみれば、二つの<死>とそれに対するThe Other Sideと解することができよう。
英語タイトルはThe Edge Of Heaven, トルコ語タイトルはYaşamın Kıyısında(Yaşamın:生/人生の、Kıyısında:岸/ふちで)。いずれも生と死の対照を強く意識したものである。またトルコ語タイトルは、主人公が海岸で海を眺めつつ父を待つラストシーンが何を象徴しているかを示すものでもある。

そういうわけで、これは死と再生の物語だと思うのだけど、タイトルも解説もやたらと愛・愛・愛だわ、キャッチコピーは「幸せと不幸せは、背中あわせ。だから、人生はいつだってやりなおせる。」だわ、何がひどくペラペラした映画に思えてくるんですが、どうにかなりませんかそういう売り方をしないと日本では客が入らんのかのう。

スポンサーサイト
Comment

まらば!また戻ってまいりましたー。
こっちでもDVD売ってないかと思って探してんですけど、ロシア語タイトルがわからんし、ドイツ語英語トルコ語いったいどのタイトルでたずねたものかもわからんし、「トルコの映画なんスけど・・・」とか言っちゃうともう「きいたことない」て一蹴されるだけなんで、ここはひとつネットからダウ(以下略

それと隊長に報告ですが、キャーズムくんの「Hayde」は無事ゲトいたしますたッ!
この件についてはまたあらためて。(記事書いたら懲りずにトラバ送りますワw

Re: タイトルなし

> こっちでもDVD売ってないかと思って探してんですけど、ロシア語タイトルがわからんし、

そんなときこそwikipediaですわよ奥様!
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%9D%D0%B0_%D0%BA%D1%80%D0%B0%D1%8E_%D1%80%D0%B0%D1%8F_(%D1%84%D0%B8%D0%BB%D1%8C%D0%BC)

ふむ。ロシア語はThe Edge of Heavenなんですな。

> それと隊長に報告ですが、キャーズムくんの「Hayde」は無事ゲトいたしますたッ!

おおおっ!ご苦労であった!(←誰だよ)
でも、どうやって?
ま、そのへんも含めて、追々、ご報告お待ちしておりますぞ。
トラバも、もいっぺん、ためしてみてください…
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。