HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトキャーズム・コユンジュ  >>  AUF DER ANDEREN SEITE(5)
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10 28
2008

キャーズム・コユンジュ

AUF DER ANDEREN SEITE(5)

「そして、私たちは愛に帰る」
公式サイトに予告編がアップされています。

お、いきなりBen Seni Sevduğumiが流れますね。

やっぱこの曲は、Şevval Samの声がいいですわ。
あんまり「うますぎない」ところがミソです。
キャーズム君のソロだと、ちと濃すぎます。映画のラスト近くで流れるんだけど。

そうそう、この映画、たぶん、キャーズム君の御曲が使われてなくても見に行きたくなったと思う。

スポンサーサイト
Comment

訂正。
ラスト近くで流れるのはキャーズム君のソロではなくて、Şevval Samとのデュエットのほうでした。
キャーズム君のソロバージョンは「どしょっぱな」にきます。

#でもわたしが某動画サイトで拾ったドイツ語字幕付きバージョンは、キャーズム君のソロが流れて、少ししてからエンディング…という流れだったんだけどなあ。あれはナニカ編集してあったのか?謎ですv-15
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。