HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトキャーズム・コユンジュ  >>  AUF DER ANDEREN SEITE
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 23
2008

キャーズム・コユンジュ

AUF DER ANDEREN SEITE

またの名をTHE EDGE OF HEAVEN(英語)、あるいはYAŞAMIN KIYISINDA(トルコ語)。
ドイツ語と英語とトルコ語でちょっとずつ違っているのがおもしろいんだけど。
日本語タイトルは……どうなるのかなぁ。

トルコ系ドイツ人の映画監督Fatih Akınの2007年の作品。
カンヌ映画祭で最優秀脚本賞を獲得。
日本で公開の予定があるのかはよくわかんないけど、公開されるならぜひ見たい。
いや、日本で公開されなくたって、何とかして見たい。コトバわかんなくても見たい。

映画そのものには、じつはそれほど興味はない。
だいたい、Fatih Akınの映画、Crossing the Bridgeを除くとどれもいまいち心惹かれるものがなくて、今までいっこも見たことないのよね。Crossing the Bridgeにしたって、実はレンタルDVDのありかもしっかりチェックしてるんだけど、いまだ見てないあたり、ムリに時間作ってでも見ようというほどの興味でもないんだよなぁ。

が。このAUF DER ANDEREN SEITE(原題)。
たまたまネット上でこれのサントラを発見、曲目を見た瞬間、「いま一番見たい映画」へと大躍進を果たしたのであった。

だって、だって、…

サントラの1曲目が

   Ben Seni Sevduğumi / Kazım Koyuncu & Şevval Sam

18曲目には

   Ben Seni Sevduğumi/ Kazım Koyuncu

そして全21曲の最後をしめくくる曲が

   Ben Seni Sevduğumi/ Maçkalı Hasan Tunç

えええ。まじですか。

Ben Seni Sevduğumiはキャーズム君のお歌のなかでも特に気に入っているもののひとつなんですが、そのBen Seni Sevduğumiが3回も、それもアタマとシメに出てくるなんて、これはタダゴトではありません。これって、ほとんどテーマ曲的に使われてるってことでは?!!

(ちなみに、Ben Seni SevduğumiはテレビドラマGülbeyazのなかでヒロインŞevval Samとストリートミュージシャン役のKazım Koyuncuがデュエットしてた曲で、サントラの1曲目はドラマとおなじ2人で歌っているもの、18曲目はキャーズム君がソロで歌っているバージョン。そして最後のはこの曲の作者のオリジナルではないかと思われます)

いやあ。これは大変だ。
だって、この映画、カンヌ映画祭で上映され、ドイツはじめヨーロッパのあちこちで上映され、そのたびに、キャーズム君の歌声が流れてるってことなんだもの。おおぜいの人がキャーズム君の歌を聴いているってことなんだもの。
これが日本で上映されたら日本でもあちこちでキャーズム君の歌声が…きゃーーー(←バカ)

なお、サントラをみるとほかにも、黒海民謡系のBirol Topaloğluとか、女王様の御曲とか、
Ahmet Kayaとかも入ってる。

というわけで、日本公開の予定があるのかないのか、とっても心配なんですが、
正直Crossing The Bridgeよかこっちのほうが100倍見たいのでありました。
スポンサーサイト
Comment

おひさしぶりですー。
YouTubeにトルコ語版の予告編あったんで見てみました。その"Ben Seni Sevduğumi"も女声モノですが流れとりました。
http://www.youtube.com/watch?v=GxBrMrLjnAM&NR=1
本編も某所からDLできそうでしたが(ぉぃ)ゆっくり映画鑑賞してるヒマもありそでないワタシは後ろ髪ひかれながらも今はスルーです。
けど予告編からいうと、トルコ語版だとなにげに興味ひかれる映画かも。つか、ドイツ語とかぜんぜん理解できんわけだけどw

うわぉぉう。予告編!それを探す手があったか!
Fikrimceさんありがとうございますぅ~
やっぱりテーマソング的に使われてるんですねえ。感涙。
女声(Şevval Sam)の声しか聞こえないけど、2コーラスめからはキャーズム君の声が寄り添っております。でもほとんど聞こえないなこりゃ(苦)
映画じたいは、想像してたよりは軽そうな感じかなぁ?

うん、意外と軽そうかも。エロオヤジとか出てるしw
あ、今もぅいちど見てみたら、寄り添ってる男声も聞こえます聞こえます!これがキャーズムくんなのですね?
けどこの予告編だけだと、まったく話の筋がわかんないよーな気もw

お。ちゃんとキャーズムくんの声聞こえましたか。しかし、普通だれも気がつかんでしょうねえ。。。(でも、あのキー低めの控えめな声が、じつは彼のいちばんいい声だとわたしは思っているのであります)
ストーリーはけっこう錯綜してるようですねえ…

エロ親父、ものすごく見覚えがあると思ったら、まえに見た「頑固者たちの物語(İnat Hikayeleri)」の俳優さんだわ。
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。