HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト音楽(いろいろ)  >>  変わらず好きなもの(2)
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02 25
2008

音楽(いろいろ)

変わらず好きなもの(2)

前の記事をアップした後にふと思い立って検索してみたところ、
この、アメリカの半分忘れ去られたバンドを、
いまでも変わらず好きな「お仲間」は結構いるのであった。

トルコポップス好きを全員かき集めるよかよほど多いかもね…?(笑)

ということで、安心したのでThe Hootersネタが続く。

じつは私は売れていた時期の彼らを知らない。
80年代後半にはもう、流行の曲をチェックするという習慣をなくしちゃってたからだ。
で、90年代に入って、すでに下火だった彼らと出会ったワケなんだけど、
どうやって出会ったかというと、これが「純然たるジャケ買い」なのであった。

onewayhomeThe Hooters -One Way Home

新宿のHMVをウロついてたら、呼ばれたわけよ。コレに。
新譜でもなんでもないけどたまたまオモテに出ていたコレが、前を通り過ぎようとしていたワタシに「買って…」とささやきかけてきたのですよ。
名前も知らないバンドで、輸入盤だから解説も何もなく、試聴もできず、でも何でだか「これはいいに違いない」という確信があり、そのまま手にとってレジに行ってしまったのであった。
ジャケ買いは何度かあるけど、ほんとのほんとにジャケしか見ないで買ったのは、たぶんこれだけだと思う。

1曲めのSatelliteでは「あれ?ハズレだったか?」と思ったけど、2曲目のKarla With a K、マンドリンとアコーディオンとリコーダーの陽気なイントロ(*)にモダえ、Eric Bazilianの枯れてるのにミョーにかわいいヴォーカルにしびれ、以後、こればっか。
90年代のおわりにトルコポップスに走るまで、長い間これがワタシのテーマソングでした。

*この時点でコレがツボにハマっているあたり、やっぱりワタシの好みは一貫してるな(笑)

単に彼らを知ってる「だけ」人の場合、思い浮かべる曲はSatelliteとかJohnnyBとかだったりするのだけど、サイト巡りをしてみて思うに、今でも彼らを好きな人は、ワタシと同じようにKarla With a Kが好きな人が多いようで。そう、この曲こそ彼らの真骨頂なのだ。
もうひとつ、アルバムタイトルになってるレゲエナンバーOne Way Homeもワタシは好きなんだけど、こっちはあんまり挙がらないしベストアルバムにも入ってない。チト淋しい。

YouTubeでひろったKarla With a K貼っときます。
ライブの映像とクリップがまざってるっぽいけどこれは何だろう。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。