HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト音楽(トルコ)  >>  Hikmet先生に習うトルコ語
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08 16
2007

音楽(トルコ)

Hikmet先生に習うトルコ語

くどいようですがKızçocuğuネタ続きます。

#べつに「死んだ女の子」に文句があるわけじゃありません。
 単なるオタッキーなトルコ語ばなしです。

↓でファジル・サイ版の英語字幕が「All that I ask is for peace you fight today」になっていると書きましたが、どうやらこれはPete Seegerによる英語版(I Come and Stand at Every Door)の歌詞をそのまま借用しているっぽいです。ですから実際にそのように歌っているかどうかはわかりません。


さて。
遠い昔、はじめて「死んだ女の子」の歌を知ったとき、

 私の髪に火がついて 目と手が焼けてしまった

という歌詞に「?」と思ったのですね。
「目と手が焼ける」って、なーんか変な表現ですよね。
で、これがもともとトルコ語の詩だと知って、じゃあモトがそうなってるんだろうとなんとなく思ってたんですが。
あらためて詩を眺めてみるに、そうではないことに気がつきました。

以下、トル検3級ヘボ訳つきで。



Saçlarım tutuştu önce,             まず私の髪に火がついて、
私の髪 火がついた まず
gözlerim yandı kavruldu.            私の目が燃え、焼けた
私の目 燃えた 焼かれた
Bir avuç kül oluverdim,            私はひと握りの灰になってしまい、
ひと握り 灰 なってしまった(私は)
külüm havaya savruldu.            灰は風の中へと散った
私の灰 空中へ(空へ?) 撒かれた

…てなわけで、髪と目のことは言ってますが、手のことは言ってません。
じゃあなんでわざわざ「目と手」なんて妙な表現になっちゃったんでしょう?
ひょっとしたら、その次の行にある「Bir avuç」のavuç(てのひら)が紛れ込んじゃったんでしょうかね?

この部分、元ちとせが歌ってる歌詞でも「あたしの両手を あたしのひとみを」となっている。訳詞はそれぞれ違う人によるものなので、これはもしかすると、トルコ語からロシア語に翻訳される段階での誤訳かもしれませんね。

スポンサーサイト
Comment

はじめまして~

ezgiさん、はじめましてm(__)m

yalinの検索中、昨日の夜中にたどり着きました~。
夜中にもかかわらず、ここの全頁を読み尽くしてしまうくらい、
私のツボにはまってしまいました^m^

実は私もアラビア語を習ったことありますし(但し、大学時代(汗))、
1997年に初めて卒業旅行でトルコに行って、
AYNAの「CEYLAN」からトルコポップスに捕まって(笑)
以降仕事をしながら、まだどっぷり浸かったままです。
ezgiさんと気が合うかも…、
なんて初カキコからずうずうしくてすみませんm(__)m

暇さえあれば、トルコ語勉強のために
トルコのインターネットラジオを流しているんですが、
そこでyalinの「cumhuriyet」という曲に惹かれて
題名も歌手も判らないままyoutube等々検索しまくって、
CDも買ってしまいました~。

ここの皆さんはturkey2003でトルコCDを購入されてたんですね。
私はそこでは買った事はありませんでしたが、
久々に覗いてみて無くなっていてびっくりしました。
まぁ、HMVやアマゾンでUK盤とかドイツ・フランス盤を
買えないこともないんですが。
挑戦しようと思われる方は、下記リンクのトルコのネットショップへ
直接発注されてはいかがでしょうか?

IDeEFIXE
www.ideefixe.com/vitrin/default.asp

もう何回も注文していますが、ちゃんと空を飛んでやって来てくれます。
私の場合、注文してから大体1週間くらいで
全国どこかの運送屋さん若しくは通関から連絡があります。
どこに着くか判らんのと、住所を英語で登録するので
運送会社が悩むのが、リスクでしょうか…
今回は埼玉にたどり着いたようです(-_-;)

さて、ナーズム・ヒクメットさんとは何の関係もない書き込みですみませんでした。
もしよろしかったら、私を仲間に加えてやってくださいまし。

以上、niluferでした~。

いらっさいませ~Niluferさん、熱烈歓迎。
いやあ、人気ですね~、タゴ作。いえ、Yalin。
わたしは、3rdはちょっと違うかなあと思ってパスしましたが、1stは今でも出番ありまくりです。

にしても、入り口がAYNAとは、こりゃまた。
実はつい先日、youtubeに逃避していて、AYNAの懐かしクリップを見まくっていたのです。古い時代のクリップに登場するクサイ三文芝居がたまらなくてねえ。とくにOlunce sevemezsem seniでサングラスかけたまま涙を流すErhan君がどうしても嘉門達夫にしか見えず、モダえてしまいます。
でもCeylanのはコーカサスのダンスが入っていて純粋にカッコエエです。

ショップの情報ありがとうございます。
TURKEY2003はカード決済ではなく振り込みだったからよかったのですけどね。何かあったとしても振り込んだ額以上のリスクはないわけで。カードを使えば、モノが届いたからめでたしめでたし、とはいかないので極力使いたくない、という、ちょいと時代遅れなわたしのような人間には大変重宝だったんですけどね~なくなって残念。

お許し、ありがとうござりまする~

早速のお許し、ありがとうございますm(__)m
でわ、遠慮なくお邪魔させていただきますです~。

今回のタゴ作君たちのCDたちは、危うく迷子になりかけてました(汗)
今までこんなことはなかったのに、ドバイの積み替えで、
めちゃくちゃな住所かかれてました。コワっ。
でもKDVなしで、合わせて8枚送料込みで8500円くらいでしょか…
まだリスクとしてはマシなほうです。

さてこうして空を飛んできたタゴ作くんCDの感想は…
ezgiさんに激しく同意します。

1stはその店で売ってなかったのです。
2ndは、youtubeでよく見ていたyalinのイメージ通りでビンゴ!
はまりました…
3rd…なんか違う!って感じですよね~。

2ndの『元気いっぱいやんちゃなボク』という
私の勝手な)イメージは、私のトルコポップのツボにストライク!

3rdは、格好がキザ過ぎ。
しかもキミの美声が、ミョ~にアメリカナイズされた音楽に負けとるやん、って突っ込みを入れたいような頼りなさ。
でも逆に、『Koyver』『Cumhuriyet』『Hersey Sensin』は、
よく出来てるなぁとお気に入りで、ヘビロテ確実です。
ま、何のかんの言っても聞き込んでいけば、全部気に入るのかも。

AYNAのクリップも結構あるんですね~
また探して見まあす。

あと、今回買ったCDはトルコの福山雅治emre altugとhande yenerとムスティ、goksel、burcu gunes、benguでした。

実のところ、我が家には、ムスティ、テオ先生、AYNA、タルカンのCDがメチャあります。
テオさまのコケた映画のCDもあるんですが、一回も聞いてません(汗)

タゴ作くんの3rdはね~、もうジャケの時点で、「…キミ。違うから」という感じですねv-16
だいたい私は電力使用量が少ない音が好きで、1stはその点でおおいにツボだったんですけどねえ。ああいう声なら、バックは極力シンプルでいいと思うんだけど。

福山雅治とEmreでは福山のほうが顔が濃いような気がしてしまうのは私だけ?
まあ比較の対象の問題でしょうけどね。
トルコにいたときは顔が薄くて日本人ぽいなーと思ってた人でも、日本で再会すると「…濃いな、やっぱし…」とか思ったりするし。

嗚呼、

私もトルコのビデオクリップの臭さが、とても気に入ってまして、
今でも見たいのはいっぱいあります。
私的に衝撃的だったのは、murat kekilliの「Bu Aksam Olurum」でしょうか。

>「…キミ。違うから」
ezgiさん、私はコレに不覚にも大いにウケてしまいました。

今日、トルコ語の先生(トルコ既婚男性)にyalinを聞かせてみたら、
トルコポップをあまり好まない人なのに、非常に気に入ったみたいです。
歌詞は意味が順番どおりに並んでないので、トルコ人以外には判りにくいようなことを説明してくれましたが、それでも何か、トルコ人の心の琴線に触れるような素敵な歌詞らしいです。v-15

emreは最近ちょっと老けたので、ちょっと顔が濃くなったような気がします。

飛び入り~

そのタゴ様の「・・・キミ。違うから」アルバムをいい加減にゲットしようと、昨日、闇市 トルコマーケットに行ってきたんですわ(どうでもいいけど、ここにいくのはかなり勇気がいる)。

で、行きつけのCDスタンドで探したのに、無かった。。。オヤジに「なんで、タゴ様のニューアルバムが無いねん」と絡み、クダ巻きかけたところで、Kizim君のDunyada Bir Yerdeyim が目に入って、「お~、こんなところにKizim君が。。。オヤジ、なかなかやるやんけ」と機嫌を直してゲットしたのであります。

オヤジには「次回までにタゴ様、仕入れとけよ」と言い残してそこを立ち去り、家に帰ってKizim君を聞いて見ると、一発で私の心はトリコになったのでした。確かに、ライブの部分はチト弱いかなあ~って感じだけど。他のアルバムも欲しいなあ。ネットショップでもなかなか無いのよね~、彼のは。

・・・って、私も記事と関係ないコメントでした。

>niluferさん、
あんまりまじめに解読したことはないけど、たしかにYALINの歌はわかりそうでよーわからん歌詞だなと思います。
Emreは顔だけじゃなくて声も昔とちょっと変わりましたね。1stしか知らないので最近のを試聴したら「ええと…どちらさまでしたっけ?」状態。。。

>harika姐
姐様、トリコになった割にはKizim君て誰ですかv-17
Kazimと書いてキャーズム君ですよ。以後夜露死苦。
いいでしょいいでしょ、むふふふふふ~v-238
そうですか闇市でKazim君売られてましたか。しかしオヤジもKazimに手を出すJaponは侮れないと見たに違いありません。次はぬかりなく『キミ。違うから』を仕入れて姐御の襲撃に備えるはず。
HaydeならドイツのAmazonにもあったけど、高いっすね。
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。