HOME   >>  2006年05月
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05 26
2006

音楽(トルコ)

黒海でYoum Wara Youm♪

サミラ・サイードとシェブ・マミがデュエットしてる「Youm Wara Youm」、アラビア文字で書かれた歌詞はないんかしら、とネットの旅に出たところ、歌詞は見つからなかったかわりに違うもの見つけた。

トルコ語カヴァーがあったんですね。それもDavut Güloğluだ。
知らなんだよ~
「Dur Orda Dur」という曲です。
「よーむ・わら・よむ♪」が「どぅーる・おだ・どぅる♪」になってるわけですね。(意味は違うが)

本人のサイトで試聴してみたところ、

こってこての黒海風味

に生まれ変わっちょります。
ま、Davut君だから黒海は当然なんだけど、ここまで黒海ど真ん中でやるとは~(笑)

しかしこれ、前にも聴いたと思うんだけど、全然気がつかなかったよ。
てか、言われなきゃ永遠にわかんなかったかも。
カヴァーといってもかなり変わってるみたいだし。

イントロのケマンチェが、よーーーく聴くとサビのメロディなのだ。これが笑える。
スポンサーサイト
05 26
2006

音楽(トルコ)

Mor ve Ötesiの新しいの出た

例によってTulumba.comにて。
公式サイトにもででんと出てます。
なんかヴォーカルの声が前と違うように思えるのは気のせい?
メンバーは変わってないようですが。

#Tulumba.comの試聴、アタマから一律45秒というのは改善されたのね(笑)

5曲目にŞebnem Ferahが入っているようですが、確認できませんでした。
また前のみたいに「…えと、どのへんがŞebnem Ferah…?」みたいなのじゃないと嬉しいんだけどね~~
05 19
2006

映画

カンヌ映画祭

「ダ・ヴィンチ・コード」が批評家たちの失笑を買った、などという記事を見かけた。
ほほう、カンヌ映画祭ですか。今年はどんなのがあるのん?とちょいと覗いてみたら、

http://www.movieplus.jp/special/cannes2006/compe.html

おおっとぉ!アキ・カウリスマキの新作が出とるやん。
「失業3部作」(!)の最後を飾る作品だとか。
あいかわらず、紹介だけ読むとドキドキのサスペンスみたいだ(笑)
今回はヒロインはカティ・オウティネンじゃないし、主演もマルック・ペルトラでもカリ・ヴァーナネンでもサカリ・クオスマネンでもないのね。でも、きっとその中の誰かがチラリとでも出てるに違いない。
受賞するかどうかはどうでもいいから、早く日本に来てくれい。

トルコからはヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作品が。
『5月の雲』はキアロスタミのパクリ臭かったけど、そろそろ脱パクリしたかしら。
こちらは受賞してほしい、でなきゃなかなか日本じゃ見れないからなー。
…ヘタすると受賞しても見れないけどなー。

ほかにも見てみたいのがいろいろ。
05 19
2006

音楽(アラブ)

追悼

「ライの母」Cheikha Rimittiが亡くなったそうです。こちらより。

「交通費、高~っ!」と言いながら東京での来日公演を見に行ったのは、もう2年前のことになるのだなあ。
CDなら亡くなったって関係なく何度でも聴けるけど、この人の本領はナマでこそだったと思う。もうライヴであの圧倒的な艶、あの底知れぬ迫力に触れることはできない。おトシのことを考えれば、拝めるのはおそらくこれが最初で最後であろうとは思ってはいたけれど、それでも、あの独特のオーラに満たされた世界が、もうこの世のどこにも再現されることはないと思うと寂しい。
05 07
2006

音楽(トルコ)

おんな心を歌います ~Levent Yüksel

なんつって。
Levent Yükselの新しいのが出たらしい。
その名も「Kadın Şarkıları」。
Kadın=「女」、 Şarkıları=「歌」の複数、言ってみれば「おんな歌」ってとこ?
女性歌手が歌った曲のカヴァー集らしい。

Kargoの「Yıldızların Altında」に入ってたAyrılmamという曲、オリジナルはAşkın Nur Yengiのもので、「あ、こんなふうに女性歌手の歌を男性歌手がカヴァーするのってなかなかよいな、誰かそういう企画盤でもださないかな」と思ってたら、Levent Yükselがやってくださいましたわ。しかも一発目Ayrılmamだよ。もしかしたら、Kargoの聴いて対抗意識がメラメラと燃え上がったのかしら。

5曲目Deli Kızım UyanはŞebnem Ferahのですな。
あと、Özlem Tekin、Sertab Erener、Nilüfer、Asya、Ajda Pekkanなどのカヴァーが入っているもよう。

というわけで、買い。
全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。