HOME   >>  2005年11月
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11 22
2005

音楽(トルコ)

黒海な人々 ~新譜チェック~

ひさしぶりにトルコポップス・ネタいってみよう。
実は夏に買ったのでまだ開けてないの2枚あるんだけどな(笑)
それは置いといて。
秋冬はあんまり新しいの出ないんだけど、たまにはチェックが必要。
で、1ヶ月ぶりにtulumba.comなどを覗いてみると、新しいアルバムがずらずら並んでいる。IboもTARKANもある。そんななかに、

davut1


…ん?この構図、どっかで見たことが…?

davut2


…アンタか(笑)

Davut Güloğlu。上が出たばかりの「Çat Çat」、下が2003年の「Katula Katula」。黒海地方の音楽を現代風にやってる人、らしい。
Davut Güloğluの公式サイトはこちら
スポンサーサイト
11 15
2005

その他もろもろ

信じる者はまちがえる~九州国立博物館(その2)

だいぶ日が経っちゃったけど、↓の話の続きです。
昔は美術館や博物館で、他人が何かごちゃごちゃ話してるのってすごく嫌だったんだけど、最近は、ある展示物を見てヒトが何を言うか、というのもけっこう楽しみになってきました。

おっちゃんのウンチクには「ほお、それは知らなかった」と深く頷き、おばちゃんの自由奔放な感想には「ほほお、そんな見方もあるのか」と感心したり。
初期伊万里の展示の前では、その皿がいかに貴重なものであるかを、連れの若い女性に熱く語り聞かせている兄ちゃんがいたりなぞして(陶芸家のかたでしょうかね?)、そういうのも、聞いてないフリして聞いておいて、あとでさりげなく当のお皿のところに戻って「へえ~」などと見直したりしていました。

しかし、ヒトのウンチクはそのまま信じてはいけない。
11 14
2005

その他もろもろ

أَهْلاً وَ سَهْلاً

ようこそ。
あたらしいBlogです。ひっこしてきました。

こちらでは↑のごとく、タイトルでもコメントでも特殊文字が使えるようです。ヤッター。
11 10
2005

その他もろもろ

おおぅゴージャス!~九州国立博物館「美の国日本」

悪趣味も極めればアッパレ愉快である。

わびさび文化を愛するアタクシとしましてはですよ。桃山文化のキンピカ・ゴージャス成金趣味はカンベンならん、と思っていたのだけどね。


karajishi九州国立博物館開館記念特別展「美の国日本」。
たぶん珍しいことだと思うんだけど、桃山時代をまんなかにした室町末期~江戸初期の美術品が集まってどどんと展示されている。
桃山時代といえば、キンピカ屏風ですよ。展示室中キンピカ屏風だらけなんですよ。しかもデカいし。チラシにもなっている「唐獅子図屏風」なんて、もちろん教科書なんかでおなじみなんだけど、イメージしてたよりはるかにデカくて「どわっ!」とのけぞっちゃいましたがな。

しかしまあ、キンピカもそうだけど、「風俗図屏風」に描かれている女性の着物の柄なんかの、なんともいえないケバケバしさよ。こうなったら、もはやすがすがしいほどである。
これがこの時代の空気ってやつだったのかなあ。
全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。