HOME   >>  2005年10月
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10 23
2005

その他もろもろ

勝手に宣伝

劇団天地 第6回公演
「マーラヴィカーとアグニミトラ王」

インド出身福岡在住の演出家プラディプ・ニガム氏の脚色・演出・主演によるインドの古典戯曲。
福岡だけどお近くの方はぜひ。

以上、全然頼まれてないけど、超・勝手に宣伝(笑)
スポンサーサイト
10 22
2005

音楽(いろいろ)

坊主が上手に笛吹いた ~声明と雅楽

「声明(しょうみょう)と雅楽の演奏があるんだけど、チケットをドタキャンした人がいるから代わりに行ってくれない?」と、知り合いのおばさまからいわれた。
声明。雅楽。それこそ知らない世界。おお、ワンダフル。ドタキャンしてくれた人、ありがとう!

というわけで、会場に行ってみたら。

『浄土真宗本願寺派 福岡教区 声明と雅楽の会 15周年記念演奏会』

おおっと。宗教イベントだったのか…?
まっ、いいや。ウチも先祖代々真宗だから無問題!
…本願寺派じゃないけどさ~

10 15
2005

音楽(いろいろ)

たまにはクラシックも?

クラシックはほとんど聴かない。
ロックやジャズのライブは行った回数を数えるのは不可能だが、クラシックはアマチュアのまで含めてもたぶん両手の指で足りる。足まで動員する必要はない。つきあいではなく自分でチケット取って行ったのは一度きり。それもジャズに片足突っ込んだクラシックギタリストのソロコンサートだからちょっと違う。

しかるに。
ヴィオラのコンサートのチケットをいただいてしまった。
せっかく頂いたのだから行かないのはまずい。
しかしだ。なじみのないクラシック、しかもヴィオラである。オケやピアノならまだなんとか、と思うけど、ヴィオラじゃ爆睡必至!

というわけで、極力めだたないところに席を確保し(自由席だったので)、安眠体勢で臨んだ。

ところがですよ。


10 08
2005

音楽(トルコ)

Mirkelam ~Kalbimde parmak izin var

とりあえずトルコポップスに復帰してみる。

Mirkelamの2004年のアルバム。
キャリアはわりと長いんだけど寡作ぎみなのでこれで4枚目。
私が買うのはこれが初めて。

mirkelamなんというか、この人、ちとアヤしいのよね。
フツーにしゃれたポップスと思ってアルバムで聴いたら半分はど演歌なのだ。
演歌調バラードとかいう甘いもんじゃなくて、マジもんのど演歌。
まあ、トルコポップスってだいたいはそうなんだけど、ただ、ふつうは歌い方が演歌で曲がポップス、なのね。つまり、演歌歌手がポップス歌ってる、というのがトルコポップスの典型。でもこの人は逆。声や歌い方はごくアッサリしたもんなんだけど、曲がべったべたの演歌。んで、非・演歌な曲とのギャップがものすごい。

公式サイトはこちら
10 02
2005

音楽(いろいろ)

ホーミー!

おお、ユニクロのCFがホーミー!!

見た人はわかると思いますが、いったい何の音だ?と思うような不思議な音だけどこれが実は人間のノドから発せられているという。ユニクロCFで流れてるのはモンゴルの「ホーミー」。同じ発声法のもので(喉歌といいます)モンゴルに隣接するロシア連邦トゥバ共和国の「ホーメイ」というものがあります。

…とかいって、モンゴルの「ホーミー」は初めて聴いたのだった(笑)。
こんな不思議な音楽の存在を知ったのは実は↓のAttwengerのおかげ。


10 01
2005

音楽(いろいろ)

Attwengerの新しいのが出るらしい

オーストリアのけったいな二人組Attwenger。
ひさしぶりに公式サイトみたらジャケがででんと。
おおお、ゴイさんのも出てAttwengerも出て、10月はオーストリア方面がにぎやかじゃのう。
といっても、問題は、いつ手にはいるか。
Attwengerまで出したとなると、待てなくてまた高い送料かけてamazon.deからお取り寄せしてしまうかもしれないなあ。

公式サイトでニューアルバムから2曲試聴できます。
「…そう来たか」みたいな感じ(笑)
全記事表示リンク
プロフィール

e子

Author:e子
九州産北海道民


Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。